スポンサーサイト

続きを読む

新フレームへの道 その6 ~組み付け②完成~

約半月ほど自宅で放置Pされていた中華フレームへの移行作業が完了した。何だかんだで丸1日以上かかってしまった。以下簡単に作業ログ。換装にあたりコンポその他はいっさいがっさい現行から移行するので新たに準備するものは最小限にした。・グランジのトルクレンチ(必須ですな)・各種インナーケーブルとキャップ(これも必須ですな)・フレームを保護するシールとアウターに被せるゴムのやつ(要らんと言えば要らんけど一応)・...

続きを読む

新フレームへの道 その5 ~番外編~

黒一色の中華カーボンをイタチャリよろしくデコろうかなと思ったり思わなかったり。塗装は面倒なのでお手軽カッティングシートでダウンチューブに適当にロゴぐらい付けようかと思い立ったので、どんな色が合うかなーとカッティングシートの大手3M社のここからサンプルを取り寄せてみた。1回に15色までとあるので無邪気にMAXの15色選択して請求したのが来た。結構な大きさにびっくり。折り紙を一回り大きくしたぐらいのやつが15枚来...

続きを読む

新フレームへの道 その4 ~組み付け①フロントフォーク~

中華カーボン組み付けの最初の関門であるフロントフォークの下玉押し圧入をやってみた。簡単に言うとフォークの根元に輪っかをはめ込むだけの処理。輪っかに割り(切れ目)が入ってて手で簡単にはめ込むことが出来るタイプもあるらしいが、今回のやつは割りが無いため固くて手でははめ込めず工具が必要となる。こいつが下玉押しとかフォークスリーブとか呼ばれている輪っか。文字が書いてある方が裏面(下側)らしい。手で通すとココま...

続きを読む

新フレームへの道 その3 ~納品~

先日注文した中華カーボンが届いた。注文時に「発送は3月23日頃な」と先方からのメールにあったので23日の夜に「発送した?」とメールしたら「もう送ったよ!EMS番号はXXXXだよ」とすぐに返信が来て、その後27日に日本に到着しその日のうちに税関を通過して翌28日届いた。貨物運送状(Waybill)の金額が150ドルになっていたので消費税は無し。そのおかげで通関が早かったのかな。もっとルーズなのかと思ったけど意外にしっかりして...

続きを読む

新フレームへの道 その2 ~注文~

ノリで買ってしまった中華カーボンの注文に関して。中華カーボンを購入した偉大な先人達の報告をネットで漁ってみると大抵はebayとか中国の通販サイトのaliexpressとかで購入しているみたいなのだが、今回自分が狙っているFM015はHongFu Sportsなる会社が製造しているようで、そこの直販サイトでも販売していたのでそこで注文する事にした。ebayとかでも良かったんだけど何となく。パッと見かなり怪しげなサイトなんだけど先人のレ...

続きを読む

新フレームへの道 その1 ~選定~

ロード始めてぼちぼち丸2年が経つことだし、そろそろ入門用アルミフレームを卒業したいと思う今日この頃。今のフレームもちょっと重いだけで他に不満は無いのだが、純粋にカーボンフレームに乗ってみたいのである。個人的に良いなと思っているのは以下の2つ。KUOTA KOMフレーム単体重量 860gフレームセット価格 375,000円※bellatisportだと250,000円ぐらい前々から良いなーと言い続けているKOM。でもダウンチューブとBB周りがごつ...

続きを読む

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。